News

講座開設の経緯

2011年より、帝国データバンク高安研究室との共同研究が始まり、その中で、企業活動が複雑ネットワーク上での動的なモデルとして記述できるようになってきました。 すでに成果は、2014年の中小企業白書、メガバンクでの連鎖倒産シミュレーションなどで利用されています。 この講座では、数理科学として、ビジネスへの応用として、企業データの解析とモデル構築を大きく発展させることをめざしています。

リンク:東工大ニュース 「東工大に帝国データバンク社が共同研究講座を設置、ビッグデータ解析を用いた経営診断システムの開発を行う」